美白効果ありのハイドロキノンで透き通る美肌へ|保湿クリームランキング
保湿クリームランキング

美白効果ありのハイドロキノンで透き通る美肌へ|保湿クリームランキング

美肌にはハイドロキノンを含んだ化粧品利用のススメ

シミを漂白させることができるというハイドロキノンは、近年は多くの化粧品に含まれ、美肌に貢献しています。効果が高い反面、使い方を価値が得ると肌荒れだけではなく、炎症を起こしたり白斑になってしまうこともあります。

シミやくすみはメラニンによって作られますが、シミを消す効果が高いハイドロキノンは、メラニン色素を作る時に必要な酵素であるチロシナーゼの働きを抑制するので、シミの予防やもうできてしまっているシミが広がるのを抑えてくれます。これまで、シミを無くす治療はレーザーを使用した治療しかありませんでしたが、ハイドロキノンによって、レーザーだけではなく薬やコスメだけでシミを消すことができるようになりました。痛みのあるレーザーを受けなくても、塗るだけでシミが消えるというメリットがあります。

シミを消し、美肌効果を与えてくれるハイドロキノンを使用する場合は、1日1回、夜の洗顔の後に使い、朝使用したい場合は紫外線対策を怠らないようにする必要があります。ハイドロキノンを肌に塗ると紫外線にとても弱くなるというデメリットがあります。

朝も使う場合は、必ず紫外線対策と一緒に行わなければ、シミができやすくなったり色素沈着を起こす副作用もあるので、日焼け止めなどを塗るようにしましょう。また、酸化しやすい成分なので、日の当たらないところに保管し、開封後は冷蔵庫の中で保存すると効果を長持ちさせることができます。妊娠中はホルモンバランスが崩れるため、シミができやすくなりますが、妊娠中や母乳の授乳中は使用することはできません。

ホルモンバランスが不安定になっているため、ハイドロキノンの副作用でシミが増幅したり、皮膚がただれたりすることがあるためです。刺激が強い成分であるため、シミが気になる部分にのみ塗り、厚塗りにならないようにする必要があります。美肌効果は高いのですが、効果が高い分刺激も強いので、注意して使用する必要があります。 保湿クリーム総合ランキングを見る 保湿クリームランキングはこちら>>
保湿力No,1のアヤナスの詳細はこちら