3分で分かる!皮フ科ドクターの保湿クリーム成分講座

保湿ケアは成分を知ることから始まる!

自分のお肌に合った保湿クリームを選ぶためには、配合されている有効成分の知識を正しく身につける必要があります。保湿クリームの宣伝文句として有効成分が大きな文字で踊っていることがありますが、実際にどのような効果を得られるのかきちんと理解している方は意外と少ないのではないでしょうか?
そこで、皮膚科医監修のもと、保湿クリームに配合されている有効成分の正しい知識をご紹介します。保湿クリームを選ぶ前に是非チェックしてみてください。

ドクター

保湿ケアは成分を知ることから始まる!

保湿クリームで使われている有効成分はたくさんありますが、代表的な成分ですら正しい知識を得られていない方も多いと思います。知らないのは危険!ということで、こちらでは多くの保湿クリームに配合されている代表的な美容成分から、意外と知られていない隠れ優秀有効成分まで様々な成分をご紹介していきます。

お肌の潤いをキープするためには欠かせない保湿成分。乾燥肌や敏感肌の方には特に必要不可欠といえるでしょう。化粧品に配合されている、代表的な保湿成分をご紹介します。

セラミド

  • 細胞の隙間で水分や油分を抱え込み、
    バリア機能として活躍。
  • 水分を保持することでお肌のハリを維持。
  • エイジングケアとしても期待。
このタイプにおすすめ 成分の詳細を見る

ヒアルロン酸

  • 1gで6リットルの水分を抱え込む驚異的な
    保水力。
  • 潤いとハリのサポートには欠かせない成分。
  • コラーゲンやエラスチンなどの成分をサポ
    ート。
このタイプにおすすめ成分の詳細を見る

コラーゲン

  • 皮膚の真皮の約7割を占める重要な成分。
  • 化粧品では「保湿の王様」として活躍。
  • 18歳で減少するため積極的な摂取を!
このタイプにおすすめ成分の詳細を見る

ベントナイト

  • 優れた吸水性、吸着性で汚れを除去。
  • 化粧品では「保湿の王様」として活躍。
  • 18歳で減少するため積極的な摂取を!
このタイプにおすすめ成分の詳細を見る

トレハロース

  • 驚異的な保湿力を誇る自然界の糖類成分。
  • 肌の細胞を保護する効果に期待!
  • 高価だった成分が、最近では入手しやすくなった。
このタイプにおすすめ成分の詳細を見る

お肌のシミやくすみに特に対応してくれる有効成分が、美白成分です。代表的な成分としてはどのようなものがあるのでしょうか?シミやくすみが気になる方は是非チェックをしてみましょう!

グリチルリチン酸2K

  • ニキビや荒れがちなお肌の炎症を抑える
    効果あり。
  • アレルギー肌への効果にも期待。
  • 肌荒れによるくすみやシミなどを改善。
このタイプにおすすめ成分の詳細を見る

リンゴ酸ジイソステアリル

  • とろけるような滑らかさをつくりだす成分。
  • 老廃物や古い角質を除去するナチュラルピ
    ーリング作用。
  • ターンオーバーの乱れを正常に。
このタイプにおすすめ成分の詳細を見る

お肌の老化が気になり始めたら、アンチエイジング成分たっぷりの化粧品を使用しましょう。シミやくすみをケアしてくれる美白作用のほか、たるみやしわを予防する成分などが含まれます。どのような成分があるのでしょうか?

トコフェロール

  • 若返りのあらゆる効果に期待!
  • 美肌の基本であるビタミンEの一種。
  • 高い抗酸化作用でお肌を老化から守る。
このタイプにおすすめ成分の詳細を見る

アルギネート

  • 弾力・ハリのアップを徹底的にサポート。
  • コラーゲンの生成量を170%にする成分。
  • 肌全体をリフトアップする効果にも期待。
このタイプにおすすめ成分の詳細を見る

イソフラボン

  • 女性に必要な効果がたっぷり!
  • 肌の弾力やハリをサポート。
  • 肌を老化させる活性酸素を除去。
このタイプにおすすめ成分の詳細を見る

お肌が敏感になっている時期こそ特に、紫外線を防止しなければなりません。紫外線はお肌を老化させてしまう大きな要因のひとつなのです。そこで、紫外線によるダメージを防いでくれる成分をご紹介します。

抗酸化成分

  • 紫外線などにより発生する活性酸素を除去。
  • お肌の若返りにも必要な成分。
  • ビタミン類、アスタキサンチン、ポリフェノールなどが含まれる。
このタイプにおすすめ成分の詳細を見る

肌タイプから必要な成分を見る!

ご自分の肌タイプがわかっている方は、肌タイプからぜひ必要な成分をチェックしてみてください。美肌に必要な成分は、全ての肌質に必要であることも多いので、ひとつの成分だけに頼らず複数摂取することで相乗効果も期待できます。

乾燥肌対策をチェック 敏感肌対策をチェック 混合肌対策をチェック オイリー肌対策をチェック
セラミド

セラミド

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

コラーゲン

コラーゲン

ベントナイト

ベントナイト

トコフェノール

トコフェノール

トレハロース

トレハロース

抗酸化成分

抗酸化成分

アルギネート

アルギネート

イソフラボン

イソフラボン

セラミド

セラミド

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

コラーゲン

コラーゲン

ベントナイト

ベントナイト

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2K

トコフェロール

トコフェロール

トレハロース

トレハロース

抗酸化成分

抗酸化成分

アルギネート

アルギネート

イソフラボン

イソフラボン

セラミド

セラミド

抗酸化成分

抗酸化成分

リンゴ酸ジイソステアリル

リンゴ酸ジイソステアリル

セラミド

セラミド

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2K

トレハロース

トレハロース

抗酸化成分

抗酸化成分

リンゴ酸ジイソステアリル

リンゴ酸ジイソステアリル

この講座を監修した皮膚科医ドクター

秋葉原スキンクリニック 堀内祐紀先生

秋葉原スキンクリニック
堀内 祐紀 先生

東京女子医科大学医学部を卒業された後、東京女子医科大学皮膚科学教室に入局。その後、都内皮膚科・美容クリニックの勤務を経て秋葉原スキンクリニックを開院。現在は日本皮膚科学会認定皮膚科専門医であり、日本脱毛医学会の理事に就任されています。
日本皮膚科学会・日本美容皮膚科学会・日本レーザー医学会・日本肥満学会・日本抗加齢医学会・日本香粧品学会に所属。Allergan Medical Institute Japan Trainer(アラガン認定トレーナー)であり、Aケア協会アドバイザーとしてご活躍されています。

公式ホームページhttps://www.akihabara-skin.com/clinic/dr/#doc1

数ある保湿成分の中でも特に優秀なものを厳選してご紹介しています。皮膚科ドクターのもと、各保湿成分を解説。乾燥肌に必要なものはなんなのか、潤いを持続するために必要なものはなんなのかをチェックしましょう。