セラミド配合のおすすめ保湿クリーム【皮膚科医監修】

潤いには欠かせない美肌成分のセラミドとは?

セラミドの保湿効果とは?

保湿クリームを始めとする、スキンケア化粧品によく使用されている「セラミド」。これは、人間の肌の細胞のうち約半分を占めている脂質のことで、私たちの体で「肌のバリア機能」と「保湿」という大変重要な役割を果たしてくれています。そのため保湿クリームなどの化粧品には欠かせない保湿成分であることは間違いないのですが、セラミドにも種類があり、それによって役割も異なります。

保湿クリームに配合されるセラミドの種類

  • ・セラミド1…外部からの刺激を肌内部へと通さないためのバリア機能の役割。アトピーやアレルギーの方はセラミド1が不足しているといわれています。
  • ・セラミド2…皮膚の内部に水分を溜めておく機能。水分保持力を最も持っているのがセラミド2です。保湿クリームなどのスキンケア化粧品にも配合されていることが多いのがこのセラミドです。「ヒト型セラミド」という呼ばれ方をすることもあります。
  • ・セラミド3…肌の生まれ変わりを促し、アンチエイジング化粧品にも配合されることがあるように、アンチエイジング効果にも期待ができるセラミドです。
  • ・セラミド4、5…角質糖質バリア層を構築し、外部刺激の侵入から肌を守ります。
  • ・セラミド6…セラミド3によく似ていて、ターンオーバーを促進し、肌を常にハリのある状態に保ちます。
  • ・セラミド7…抗菌作用や消炎作用を果たします。

セラミドの配合クリームの主な効果

保湿、そしてエイジングケアに役立つとして保湿クリームなどのスキンケア化粧品に使用されているセラミドは、スキンケアには欠かせません。セラミドにも種類があるように、様々な効能や特徴があるのですが、多くの化粧品に使用されているタイプのセラミドの特徴をピックアップしてみました。

肌のバリア機能を
サポートする重要な役割

セラミドとは元々細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えて混んでいるような存在です。細胞間脂質なので、減少してしまうと肌のバリア機能が低下してしまうこととなるのです。

弾力やハリを与える
サポート

セラミドは、水分を保持することでハリを維持。と同時に、弾力成分であるコラーゲンやエラスチンのサポートをするため、肌の弾力を保つ働きにも効果が期待できます。

エイジングケア効果

特徴2とも関連しますが、セラミド1~7のうち年齢を重ねるごとに大量に減少してしまうのがセラミド3とセラミド6のため、エイジングケア系のスキンケア化粧品にはセラミド3とセラミド6が中心に配合されています。

お肌のトラブルや症状、肌質別スキンケア方法

敏感肌、乾燥肌、混合肌、オイリー肌 お肌のタイプ別スキンケア方法
  • セラミドは乾燥肌ケアに効果的。おすすめのスキンケア方法

    乾燥肌

    お肌の「セラミド」が減少するとお肌内部の水分が蒸発しやすくなり乾燥肌を招きます。それをスキンケアで補うために、乾燥肌の方は保湿クリームを選ぶ上では、特に「セラミド1、2、3」が含まれているものを選ぶといいでしょう。乾燥肌対策についての詳細は『乾燥肌対策徹底レポ!本当に効果のあるケア方法とは?』をご覧ください。

  • セラミドは敏感肌ケアに効果的。おすすめのスキンケア方法

    敏感肌

    敏感肌の方は、お肌のバリア機能である「セラミド」が不足している可能性があります。「セラミド」が不足してしまうとお肌のバリア機能が十分に働かず、乾燥や紫外線などの外部刺激によってお肌が荒れやすくなってしまうのです。「セラミド」が配合されているクリームでたっぷりと補給して、お肌のバリア機能を強化しましょう。敏感肌対策についての詳細は『敏感肌対策徹底レポ!本当に効果のあるケア方法とは?』をご覧ください。

  • 混合肌には保湿成分たっぷりのセラミドが必要。おすすめのスキンケア方法

    混合肌

    混合肌というのは、主にTゾーンがオイリーで、頬やフェイスラインが乾燥しやすいお肌の質のことをいいます。
    乾燥している部分はもちろんのこと、オイリーな部分こそ、水分が必要になります。「セラミド」で水分を補給して、水分と油分のバランスを整えましょう。混合肌対策についての詳細は『混合肌対策徹底レポ!本当に効果のあるケア方法とは?』をご覧ください。

  • オイリー肌の改善に効果的。おすすめのスキンケア方法

    オイリー肌

    実はオイリー肌の方は「セラミド」を失いやすいことがわかっています。過剰な洗顔をしていませんか?すると油分だけでなく大事な水分も奪われオイリー肌が悪化してしまいます。「セラミ」ド配合の化粧品でしっかりと水分を補給して健康なお肌状態を維持しましょう。オイリー肌対策についての詳細は『オイリー肌対策徹底レポ!本当に効果のあるケア方法とは?』をご覧ください。

「セラミド」配合のおすすめクリームはこれ!
ディセンシア「アヤナス クリーム コンセントレート」

非常に高い保湿効果とお肌のバリア機能の役割をもつ「セラミド」を配合しているのが、ディセンシアの「アヤナス クリーム コンセントレート」。
「セラミド」の中でも特に保湿力が高い「ヒト型セラミド」をよりお肌に浸透しやすくするためナノ化して配合。さらに、独自の特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」を採用し、お肌を外部の刺激から守りながら、乱れた角層を整え、お肌のすみずみまで潤いを浸透させてくれます。
使い続けることで乾燥状態を改善し、美肌に導いてくれます。

乾燥もしっかりと防いでくれました!

バリア力実験でもかなり優秀な結果に!

ベタつかず、しっかり浸透してくれました!

トライアルセット情報はこちら
アヤナス クリーム コンセントレートを詳しく見る
アヤナスのクリームを使用した方の口コミ
セラミド配合の保湿力の高いクリーム

保湿力がズバ抜けてる!

いろんな保湿クリームを試してきたけど、アヤナス クリーム コンセントレートの保湿力はズバ抜けてる!翌朝のもちもち感がとにかくすごい。

肌荒れやアトピーを改善

お肌が荒れなくなりました

超敏感肌だけど、これを使い始めてから肌が全然荒れなくなった。「肌質変わったよね~」と友だちから言われる!

保湿力、バリア力、浸透力の実験の詳細は『実験から見る保湿クリームランキング』をご覧ください。

セラミド配合クリームで改善できるお肌の悩み

スキンケアの基本は保湿。セラミド配合のクリームで乾燥肌や敏感肌を改善

セラミドは、角質層においてバリアとして機能しています。そのため、肌の潤いなどの保湿機能の改善や、肌から水分を蒸発するのを防ぐ役割、外部からの刺激や細菌の侵入を防ぐ働きがあります。このことから、セラミド配合化粧品でのスキンケアは乾燥肌や敏感肌などの肌トラブルを防ぎ、みずみずしく健康的な素肌へと導くのです。
セラミドを配合した化粧品でのスキンケアによる美肌効果としては、メラニンの合成を抑えることでシワやシミを防ぎます。セラミドには種類がありますが、最も減少しやすいのがセラミド3と6です。天然のセラミドを使用している場合は必ず数字がふってありますから、特に1、2、3のセラミドを摂取すると理想的なスキンケア効果を得られるでしょう。

口コミで評価が高い保湿クリームはこちらから

この講座を監修した皮膚科医ドクター

秋葉原スキンクリニック 堀内祐紀先生

秋葉原スキンクリニック
堀内 祐紀 先生

東京女子医科大学医学部を卒業された後、東京女子医科大学皮膚科学教室に入局。その後、都内皮膚科・美容クリニックの勤務を経て秋葉原スキンクリニックを開院。現在は日本皮膚科学会認定皮膚科専門医であり、日本脱毛医学会の理事に就任されています。
日本皮膚科学会・日本美容皮膚科学会・日本レーザー医学会・日本肥満学会・日本抗加齢医学会・日本香粧品学会に所属。Allergan Medical Institute Japan Trainer(アラガン認定トレーナー)であり、Aケア協会アドバイザーとしてご活躍されています。

公式ホームページhttps://www.akihabara-skin.com/clinic/dr/#doc1

保湿成分の中でも肌を潤わすために重要な「セラミド」について、皮膚科医監修のもと解説します。特徴は?向いている肌質は?セラミドという保湿成分の役割を知ってから、化粧品を選ぶとより選びやすくなるはずです。