保湿クリームに入っている「ヒアルロン酸」の保湿効果

ヒアルロン酸の特徴と体内での役割

ヒアルロン酸の皮膚内での働き

ヒアルロン酸は化粧品に入っているだけではなく、人間の体のあちこちに存在しており、主に皮膚・軟骨・目・脳・関節液などに多く含まれている成分です。ぬるぬるとした粘性の液体で、ムコ多糖類の一種。 皮膚にあるヒアルロン酸は、人間の皮膚の3つの層(表皮・真皮・皮下組織)のうち真皮にある線維芽細胞で最もつくられています。
線維芽細胞は、エイジングケアには欠かせないコラーゲンやエラスチンなどもつくる細胞です。
元々は体の中に多く含まれている成分なのですが、幼少期をピークにして年々減少。減少は40歳の頃から加速し、70歳になるとほとんど残らなくなってしまうのだとか。お肌では弾力を、関節では潤滑油のような役割を担っているため、年齢を重ねることでお肌の弾力が失われ関節もすり減ってしまうのです。 肌の乾燥予防や改善の他にも、ドライアイの予防や改善、関節をなめらかにする効果があるといわれています。

化粧品に配合されるヒアルロン酸の効果や特徴

美肌のための化粧品、特に保湿クリームやエイジングケアクリームなどスキンケアへの配合でよく聞く成分「ヒアルロン酸」。たくさんのスキンケア化粧品に含まれているということは、美肌ケアには欠かせない成分だということです。では、どんな働きで私たちのお肌を美へと導いてくれるのでしょうか?

  • 1gで6リットルの水を抱え込む驚異の保水力

    ヒアルロン酸は保水力がとても高く、1gで6リットルの水分を抱え込むことができます。その驚異的な保水力が、お肌のハリや潤いを保つスキンケアへとつながるのです。

  • しわやたるみの原因を予防
    潤いとハリのサポート化粧品に不可欠

    コラーゲンは肌を支える「鉄骨」、エラスチンが鉄骨同士をつなぎとめる「ロープ」とすると、ヒアルロン酸はその骨組を埋める「セメント」。保湿ケアでよく聞く3つですが、その全てが必要なのです。

  • 加齢によるヒアルロン酸の量は減少
    不足したヒアルロン酸を補うエイジングケア

    ヒアルロン酸は年齢を重ねるごと失われてゆきます。40歳頃から減少が加速、70歳頃にはほとんどない状態に。そのため、年齢を重ねるほどに積極的なスキンケアなどで摂取することが重要なのです。

お肌のトラブルや症状、肌質別スキンケア方法

敏感肌、乾燥肌 お肌のタイプ別スキンケア方法
  • ヒアルロン酸は乾燥肌ケアに効果的。おすすめのスキンケア方法

    乾燥肌

    高い水分保持力をもつ「ヒアルロン酸」。1gで6リットルの水分を抱えるほどの機能があるため、水分が不足しがちな乾燥肌さんにはぴったりの成分!乾燥肌対策についての詳細は『乾燥肌対策徹底レポ!本当に効果のあるケア方法とは?』をご覧ください。
    「セラミド」などの保湿成分と一緒に摂取するとより高い保湿効果を発揮することができるでしょう。セラミド配合の保湿クリームについては『セラミド配合のおすすめ保湿クリームランキング』をご覧ください。

  • ヒアルロン酸は敏感肌ケアに効果的。おすすめのスキンケア方法

    敏感肌

    「ヒアルロン酸」は非常に高い保湿力があるため、肌のバリア機能が低下し、水分が奪われがちな敏感肌さんには特に必要な成分。お肌の水分量が低下し、乾燥することで敏感状態も悪化してしまいます。「ヒアルロン酸」を積極的に摂取し、しっかり保湿ケアを行いましょう。敏感肌対策についての詳細は『敏感肌対策徹底レポ!本当に効果のあるケア方法とは?』をご覧ください。

ヒアルロン酸配合の化粧品で改善できるお肌の悩み

スキンケアの基本は保湿。ヒアルロン酸配合の化粧品でしわやたるみの原因を改善

スキンケアにおけるヒアルロン酸は高い保水力をもち、お肌の潤いを保ちながらハリと弾力のある肌をつくりだします。保湿クリームなどのスキンケアで、ヒアルロン酸と同じように良く見るコラーゲンとエラスチンは、肌のハリ・弾力の骨組みをつくり、ヒアルロン酸がその骨組みを埋めるように存在することでエイジングケア効果の期待ができます。年齢を重ねることで、体内にある真皮のヒアルロン酸の含有量は減少していきます。それが影響して、お肌に潤いやハリ不足、弾力がなくなる原因となります。
そのため、ヒアルロン酸は保湿クリームだけでなく、エイジングケアでも注目されており、エイジングケア化粧品によく利用されています。お肌のハリ・弾力が気になり始めたら、積極的にヒアルロン酸を摂取するようにしましょう。

口コミで評判の高いエイジングケアにおすすめの保湿クリーム

この講座を監修した皮膚科医ドクター

秋葉原スキンクリニック 堀内祐紀先生

秋葉原スキンクリニック
堀内 祐紀 先生

東京女子医科大学医学部を卒業された後、東京女子医科大学皮膚科学教室に入局。その後、都内皮膚科・美容クリニックの勤務を経て秋葉原スキンクリニックを開院。現在は日本皮膚科学会認定皮膚科専門医であり、日本脱毛医学会の理事に就任されています。
日本皮膚科学会・日本美容皮膚科学会・日本レーザー医学会・日本肥満学会・日本抗加齢医学会・日本香粧品学会に所属。Allergan Medical Institute Japan Trainer(アラガン認定トレーナー)であり、Aケア協会アドバイザーとしてご活躍されています。

公式ホームページhttps://www.akihabara-skin.com/clinic/dr/#doc1

多くの化粧品で使用されている「ヒアルロン酸」の特徴について説明しています。大変よく聞く保湿成分ですが、どのような機能で私たちのお肌を守ってくれるのでしょうか?その機能を知り正しく化粧品を選びましょう。