保湿クリームランキング

ブロッコリーの美肌効果とは~美味しく食べるためのレシピ公開!|保湿クリームランキング

ブロッコリーでお肌にキレイに!

ブロッコリーイメージ

緑黄色野菜のひとつ、ブロッコリーには美肌効果がある成分がたっぷりと含まれています。 ビタミンC、βカロテン、ビタミンE、鉄分などがお肌を美肌へと導いてくれます。特に、ビタミンCはレモンの2倍も含有!ビタミンCは抗酸化作用、コラーゲン生成サポートといった美肌効果のほかガン予防などの健康面をケアするためにも摂取しておきたい成分です。

ブロッコリーを使用したレシピ

毎日の食事に、美肌効果のあるブロッコリーを上手に取り入れられるよう、ブロッコリーを使用したレシピを公開!ブロッコリーは茹でてサラダにするだけでも美味しいのですが、もっと効率的に美容成分を摂取するためのレシピを知っておきましょう!

料理レシピその1
材料一覧

ブロッコリーの味噌ドレッシングサラダ

料理イメージ

材料(4人前)

  • ブロッコリー…1株
  • ミニトマト…8個
  • 味噌…20g
  • マヨネーズ…20g
  • 酢…大さじ1
  • すりごま…大さじ1
料理方法とポイント
  • 調理方法
  • ① ブロッコリーを食べやすい大きさにカットします。茎の部分も食べやすいようスライスしましょう。
  • ② 熱湯にブロッコリーを入れ、中火で3分間茹でます。茹で終わったらザルにうつして水気を切ります。
  • ③ ミニトマトを縦に4等分カットします。
  • ④ 器に味噌、マヨネーズ、酢、すりごまを入れてよく混ぜ合わせます。
  • ⑤ ボウルにブロッコリーとミニトマトをうつし、④のドレッシングをかけ全体をよく混ぜます。
  • ⑥ 器に盛り付けて、完成!

ブロッコリーの味噌ドレッシングサラダのポイント

茎が固いため捨ててしまう人もいますが、茎には栄養がいっぱい!実はつぼみの部分よりもビタミンCとカロテンが豊富に含まれています。 また、野菜を茹でると栄養が逃げてしまうことも多いのですが、ブロッコリーは茹でても100g中に54mgものビタミンCが残る優秀な緑黄色野菜なのです。

料理レシピその2
材料一覧

ブロッコリーの豆乳スープ

料理イメージ

材料(2人前)

  • ブロッコリー…1/4株
  • にんじん…1/4本
  • 玉ねぎ…1/2個
  • ベーコン…2枚
  • 無調整豆乳…200cc
  • サラダ油…適量
  • チューブしょうが…少々
  • 水…200cc
  • コンソメ…1個
  • 塩…少々
  • こしょう…少々
料理方法とポイント
  • 調理方法
  • ① ブロッコリーを食べやすい大きさにカットし、耐熱皿に入れラップをかけ、500Wの電子レンジで1分間加熱します。
  • ② ニンジンを薄い短冊切りにします。
  • ③ 玉ねぎを薄くスライスします。
  • ④ ベーコンを1cm幅にカットし、フライパンに油をしいて中火で軽く炒めます。
  • ⑤ フライパンに野菜、チューブしょうが、塩、こしょうを加えて中火で2分ほど炒めます。
  • ⑥ ⑤に水とコンソメを入れ弱火で2分ほど煮ます。
  • ⑦ 豆乳とブロッコリーを入れ、中火で沸騰させないよう2分ほど加熱します。
  • ⑧ 器に盛り付けて、完成!

ブロッコリーの豆乳スープのポイント

スープを加熱する際には、沸騰させないように注意しましょう。沸騰させてしまうとブロッコリーが変色し、見た目が悪くなってしまいます。鮮やかな緑色を残すためにも、中火でじっくりと煮るのがおすすめです。煮すぎないように注意しましょう。

料理レシピその3
材料一覧

ブロッコリーの豆板醤炒め

料理イメージ

材料(2人前)

  • ブロッコリー…1株
  • 鶏肉…1枚
  • しょうゆ…大さじ1と、
    1/2
  • 砂糖…大さじ1/2
  • 水…100cc
  • みじん切りしょうが…1片
  • みじん切りにんにく…1片
  • 片栗粉…適量
  • 豆板醤…大さじ1/2
  • サラダ油…適量
料理方法とポイント
  • 調理方法
  • ① 鶏肉を一口大にカットし、片栗粉をまぶします。しょうゆ、砂糖、水は混ぜておきます。
  • ② ブロッコリーを一口大にカットし、耐熱皿に入れて電子レンジで2分間加熱しましょう。
  • ③ フライパンに油をしき、にんにくとしょうがを炒めてから、鶏肉を入れて炒めます。
  • ④ 鶏肉に火が通ってから、豆板醤と①の水を入れて焼き、からめます。
  • ⑤ 香りが出てきたところで、ブロッコリーを投入。全体にからめてから水溶き片栗粉を入れてとろみを出します。
  • ⑥ 器に盛り付けて、完成!

ブロッコリーの豆板醤炒めのポイント

カロリーを抑えたいのなら、鶏肉はささみを入れるのがおすすめ!カロリーが低いほか、美肌効果や消化促進、疲労回復などの効能が認められています。休日のお昼や、ご家庭の夕ご飯にぴったりのレシピです。

ブロッコリーの賢い調理法

ブロッコリーイメージ

ブロッコリーは、他の野菜に比べると、茹でても栄養素が逃げにくい野菜だといわれていますが、栄養分をそのまま摂取できるのは、茹でる食べ方よりも蒸す食べ方です。ブロッコリーをサラダに使うときやそのまま食べるときなどは、ぜひ蒸してお召し上がりください。レンジを使ってもOKです! また、茹でた後に水で洗うとさらに栄養分が逃げてしまうので、茹でた後は水切り程度に留めるのがポイント。栄養分たっぷりの茎の部分は、硬い繊維に覆われた外皮を剥いでから調理すると美味しく出来上がります。

気になる肌対策はこちら

ビタミンCやβカロテンなどがたっぷりと含まれたブロッコリーの、美肌レシピを公開しています。ブロッコリーを効果的に食べるためには、茹でるよりも蒸す法がおすすめ。その理由と、茹でる場合の対処法についても紹介。