保湿クリームランキング

洗顔と保湿の深い関係って? |保湿クリームランキング

しっかり保湿できる洗顔方法

保湿クレンジングイメージ

敏感肌や乾燥肌になってしまう方の多くが、間違った洗顔方法が引き金となっています。皮脂分泌が多いからといって念入りに洗顔しすぎたり、混合肌だと思っていたことで丁寧な保湿ケアを行ったりと、案外自分自身の肌質をわかっていない方が多いのです。保湿を徹底するためにも、どんな洗顔をするのが良いのでしょうか?

ポイント1

保湿洗顔その1

保湿洗顔イメージ1

洗顔石けんと洗顔フォームの2種類が存在しますが、お肌に悪影響は与えず、ずっと使い続けられるのはズバリ洗顔石けんの方です!洗顔フォームがクリーム状なのは、泡立てやすく使いやすいように。しかし合成界面活性剤は洗浄力が必要以上に高く、水で流した後の皮膚で残りやすいため、角質層を破壊していき、お肌はもろくなり傷つけられてしまいます。知らず知らずのうちにお肌を傷つけているため、知らないところでお肌の乾燥や老化が進行しているのです。

ワンポイントアドバイス

洗顔フォームを使用した後に一時的に保湿効果を感じても、それは界面活性剤が水分を補足して、一瞬保湿してくれるため。洗顔フォームは保湿にいいとはいえません。様々な洗顔用石けんが存在しますが、石けんを選ぶならたっぷりもっちりの泡をつくれるような石けんを選びましょう。

ポイント2

保湿洗顔その2

保湿洗顔イメージ2

乾燥肌を改善するためには、洗顔料で洗いすぎないことが大切です!乾燥肌だけでなく、もちろんオイリー肌さんや混合肌さんまで。皮脂が分泌することでベタついてしまい、キレイに保つために何度も洗顔する人もいますがそれは絶対にNGです。洗顔しすぎると必要な皮脂も取り除いてしまい、お肌はカサカサに。皮脂を除去しすぎたお肌は、お肌を守ろうとしてさらに皮脂を分泌します。皮脂のバランスが崩れることで、オイリー肌へと進行してしまうのです。洗顔料を顔につける時間は短めに、その分すすぎはしっかりと行いましょう。

ワンポイントアドバイス

洗顔は1日2回までにしましょう!朝と、夜の2回です。洗顔しすぎないこと、こすりすぎないこと、しっかりすすぎをすること、と正しいケアをしていることで潤いは蘇り、皮脂の分泌も正常になるでしょう。

ポイント3

保湿洗顔その3

保湿洗顔イメージ3

ゴシゴシとこすらないためにも、まずは毛穴を開くことから始めましょう!毛穴を開くためにはお肌を温めてあげればOK。おすすめは、蒸しタオルを2~3分間顔の上にのせて待つことです。こうすることで、毛穴が開き、毛穴の奥にある皮脂や汚れを浮き上がらせることができるのです。蒸しタオルをつくるために蒸篭は必要ありません。ぬれタオルをラップで包み、電子レンジで30~60秒ほど温めれば出来上がりです。これと同じように洗顔の手間を省くことができるのが、お風呂です。お風呂に浸かることによって自然と毛穴が開きますので、お風呂の中で洗顔をする方は、まずは湯船につかってしっかりと毛穴を開いてから洗顔しましょう。

ワンポイントアドバイス

洗顔をするときに温度を意識していますか?洗顔に最も適した温度は、32度です。顔の表面から皮脂が溶け出す温度は30度といわれていますので、30度以上で洗顔することで皮脂が浮き出たところを洗えるというわけです。顔の表面温度が32~34度なので、32度が最も肌にダメージを与えることなく洗顔できる温度です。

肌質は、洗顔方法で大きく変わる!

肌質イメージ

肌質を改善したいのなら、真っ先に見直すのが洗顔方法です。中年男性の肌を思い浮かべてください。何年もゴシゴシとこする洗顔をしている男性が大半ですが、毛穴は広がり皮脂でベタついている方が多いです。そうならないためにも、意識した洗顔が重要。最初は意識しないと難しいかもしれませんが、習慣化してしまえば大丈夫!正しい洗顔をするだけで、肌力はアップするはず!

気になる肌対策はこちら

乾燥肌を撃退するために必要な、正しい洗顔方法と保湿ケアについて説明しています。乾燥肌になってしまう方の多くが、間違った洗顔方法と不足がちな保湿ケアのせい。どんなケアをしたら潤いは蘇るのでしょうか?