保湿クリームランキング

美肌をつくるための睡眠のゴールデンタイムってなに? |保湿クリームランキング

お肌再生のゴールデンタイム~最適な睡眠法は?

睡眠方法イメージ

美しいお肌をつくるためには、睡眠不足は絶対にNGです。一日だけでも睡眠時間が足りなかった場合、お肌はくすみ乾燥も激しくなり何歳も老けてみえることでしょう。毎日健康的なお肌で過ごすためには、規則正しい睡眠をとることが大切なのです。そこで知っておきたいのが、お肌の「ゴールデンタイム」。22時~2時の間は成長ホルモンが一日の中で最も分泌されるときなので、この時間帯に睡眠をとることで新陳代謝は活発になり肌細胞の生まれ変わりを促してくれるのです。

お肌にいい睡眠方法1
ポイント1

寝る前にパソコンやテレビの光を浴びない

睡眠方法イメージ

寝る前までパソコンをいじったりテレビを観たりする人は多いと思います。でも、パソコン、テレビ、携帯などのあの光が快眠を妨げているということをご存じでしょうか。液晶からの光を浴びると、交感神経が刺激されて興奮した状態になります。それではなかなか寝付けないですし、眠れたとしても浅い眠りになってしまい、良質な睡眠とはいえません。ゴールデンタイムに良質な睡眠をとるためにも、就寝する1時間前にはパソコンやテレビを消し、長時間の携帯電話の使用は避けましょう。ゆっくりと呼吸をして、頭を休ませリラックスした状態で布団に入るようにしましょう。

ワンポイントアドバイス

テレビやパソコンに限らず、寝る直前まで考えごとや仕事などをしていると安眠できません。また、布団に入ってから考えごとをしてしまい、なかなか寝付けないという方はいませんか?気づいたら1時間たっていたということも…。眠るときには意識して他のことを考えないようとすると、案外するりと眠りに落ちることができますよ。

お肌にいい睡眠方法2
ポイント2

ヨガやストレッチで軽く体を動かそう

睡眠方法イメージ

就寝前に軽く体を動かすと眠れずに困ることもなくなるでしょう。就寝前に10分ほど時間をとり、ヨガやストレッチの時間にあてるのがおすすめ。ヨガのポーズの中では、特に「鋤(すき)」というポーズが自律神経の鎮静に効果があり、快眠を招きます。まず仰向け姿勢になり、両膝を曲げて息をはきながら腹部へ両足を引き上げます。お尻を床から少しあげ、両手でそれを支えます。両手で上体を持ち上げる補助をし、背中を床から離したてていきます。頭と両肩、ひじで、浮いた胴体と脚部を支えている形。そのまま肩で立つ逆立ちのようなポーズに。そこでゆっくり深呼吸。ももの付けねから折り曲げ、両膝を伸ばしたまま頭の方へおろしていきます。おろせる方は床につけ、床につかない方は浮いたままでもOK。できる範囲で20~30秒深呼吸。息をはきながら、上体を戻し、足もゆっくりおろして休みましょう。

ワンポイントアドバイス

鋤のポーズは体が固い方には、最初はハードかもしれません。自律神経の鎮静が目的ですから、やれる範囲でかまいません。無理に頑張ろうとすると逆に目が冴えてしまいますので、体が痛くない程度に、ゆっくりと深呼吸をしながら行いましょう。

お肌にいい睡眠方法3
ポイント3

実はゴールデンタイム以外でも効果は期待できる?

睡眠方法イメージ

ゴールデンタイムは22~2時だというのはよく知られていることですが、実はその時間帯を守らなくても成長ホルモンの分泌を促してくれることがわかっています。もちろんこの時間帯に眠った方がいいのですが、最近では眠りはじめてから最初の3時間に集中して脳下垂体から分泌されるようだといわれています。22~2時の間に無理矢理寝ようとするよりも、就寝できる時間帯に自然と寝た方が体にはいいですよね。寝よう寝ようと焦ってしまうと逆効果なので、焦るくらいなら時間を気にせず就寝しましょう。

ワンポイントアドバイス

早い時間に就寝することはいいことですが、現代の日本人にとってはやはり難しいものです。ベッドに入って、20分近く眠れない場合は一旦ベッドから出ましょう。ベッドにい続けることによって体が疲れてしまい、翌日に影響が出てしまいます。

お肌のために良質な睡眠をとる大切さ

肌質イメージ

ゴールデンタイムの22時~2時を守らなくてもお肌の生まれ変わりは促せるという見解も出ていますが、やはり成長ホルモンが最も分泌しやすい時間帯、ゴールデンタイムに就寝した方が理想通りの結果を期待できると思います。また、早寝早起きを習慣づけることで、仕事の効率が上がったり実り多い人間関係を気づけたりとメリットはいっぱい!就寝前にしっかりとお肌を潤しターンオーバーを促すような化粧品を使うと、より効果アップが見込めるでしょう!

気になる肌対策はこちら

お肌を育む時間帯、睡眠に最適なゴールデンタイムについて紹介しています。美肌をつくるためには、睡眠不足は絶対NG!睡眠をたっぷりととると同時に、最適なゴールデンタイムに就寝するようにしましょう。