保湿クリームランキング

肌の再生時間を理解して正しいケアを! |保湿クリームランキング

お肌の再生時間とは?正しい知識で正しいケアを!

保湿マッサージイメージ

人の体は、60兆個の細胞でできていますが、細胞は日々生まれ変わっています。お肌も同じ!今ある細胞が生まれ変わり新しいお肌をつくりあげていくのです。お肌の再生時間を知れば、正しいケアができるはず!お肌の生まれかわりのことを「ターンオーバー」といいますが、このターンオーバーの周期は通常28日といわれています。20歳の成人で約1ヶ月の周期で、だいたい28~42日ほどかかります。歳をとるにつれてこの周期が乱れ、お肌に古い角質などが残ってしまうため、積極的にターンオーバーを促してあげる必要があります。

お肌の再生について1
ポイント1

生まれ変わりのメカニズム

サウナイメージ

寝る前までパソコンをいじったりテレビを観たりする人は多いと思います。でも、パソコン、テレビ、携帯などのあの光が快眠を妨げているということをご存じでしょうか。液晶からの光を浴びると、交感神経が刺激されて興奮した状態になります。それではなかなか寝付けないですし、眠れたとしても浅い眠りになってしまい、良質な睡眠とはいえません。ゴールデンタイムに良質な睡眠をとるためにも、就寝する1時間前にはパソコンやテレビを消し、長時間の携帯電話の使用は避けましょう。ゆっくりと呼吸をして、頭を休ませリラックスした状態で布団に入るようにしましょう。

ワンポイントアドバイス

テレビやパソコンに限らず、寝る直前まで考えごとや仕事などをしていると安眠できません。また、布団に入ってから考えごとをしてしまい、なかなか寝付けないという方はいませんか?気づいたら1時間たっていたということも…。眠るときには意識して他のことを考えないようとすると、案外するりと眠りに落ちることができますよ。

お肌の再生について2
ポイント2

ターンオーバーを正常化させるには

サウナイメージ

人間の皮膚の一番表面、表皮はわずか0.1mm程度の薄さしかありませんが、そのいちばん底にある「基底細胞」が約13日に一度、2個に分裂します。1個はそのまま基底細胞としてとどまり、分裂したもう1個の細胞は徐々に肌表面に押し上げられていきます。その押し上げられた細胞が変形しながら角質層へと上がっていくのですが、ここまでが14日。ここで事実上死んだ細胞となり、約14日後にアカとなってはがれ落ちます。死んだ細胞はやわらかさを失っており、キレイにはがれ落ちないとお肌の表面をガサつかせる原因となります。

ワンポイントアドバイス

ターンオーバーの周期は早くても遅くてもよくありません。乾燥肌では粉をふいたように表面の皮がポロポロとはがれおちます。この周期を正常化しようというのが、スキンケアの本質なのです。

お肌の再生について3
ポイント3

ターンオーバーを活性化するには

サウナイメージ

30歳にも突入すると、今まで通りの周期ではなくなってしまい、ターンオーバーは乱れがちに。お肌がガサつくからといって、フェイスパックで角質を無理矢理はがしたり、スクラブ洗顔を頻繁に行ったりしてはいけません。自然にはがれおちるようにターンオーバーを促してあげることが大切です。一番は、新陳代謝を高めること。新陳代謝を高めるためには、運動は不可欠。毎日のスキンケアと同じように軽い運動を取り入れるようにしましょう。また、半身浴をして血行を促進したり、レバーや納豆などの新陳代謝を高める食材を積極的に取り入れたりしてもいいですね。

ワンポイントアドバイス

新陳代謝が上がらないと悩んでいる方もいるかもしれませんが、新陳代謝を上げることは実はとても簡単なことです。運動をする、新陳代謝を高める食料を取り入れる、お風呂上がりにリンパマッサージをするなど、こういったことを日課にすれば徐々に新陳代謝は高まります。途中でやめたりせず、毎日少しずつでいいので続けていきましょう。

お肌の再生時間を調整する「化粧品」選びが重要!

肌質イメージ

若い頃は、普通に生活しているだけでもお肌はツルツルの乾燥知らずでした。しかし、年齢を重ねてしまうとお肌の力が低下し、自分で生まれ変われなくなってしまいます。だからこそ、新陳代謝を高めるための日課が必要なのですが、ターンオーバーを促してくれるような化粧品を選ぶのも重要です!しっかり保湿をし、有効成分をたっぷりと補給してあげることでお肌の働きは正常化します。

気になる肌対策はこちら

再び新しい細胞へ生まれ変わる「肌の再生時間」について説明しています。この肌の再生時間を理解しておけば、肌トラブルができてしまったときにも正しいケアができるはずです!どうターンオーバーを促すかも知っておきましょう。