砂糖を使った保湿方法で簡単にお肌ぷるぷるに |保湿クリームランキング
保湿クリームランキング

砂糖を使った保湿方法で簡単にお肌ぷるぷるに |保湿クリームランキング

砂糖が保湿ケアに!?肌を柔らかくなめらかにしてくれる理由とは



砂糖がどうして保湿ケアになるの?という疑問を誰もが抱くかもしれません。しかしながら実は砂糖には水分を集めるという性質があります。例えばクッキーを袋からだしておくと、すぐに湿気てしまいます。

あれはクッキーに使われている砂糖が空気中の水分を吸収するからだといわれています。お肌のがさつきは乾燥が原因となっています。

そしてお肌ががさつくということは、角質層が乱れているということになり、さらに乾燥を悪化させる原因となってしまいます。

まずは肌内部に水分を浸透させること、そして保湿することが、次にできる角質のキメを整えることにつながっていきます。砂糖の浸透力と給水・保湿力ならこの悪循環を止めるように働きかけてくれるでしょう。

砂糖を使ってお肌の保湿ケアをするには、まずは汚れを洗い流すことから始めます。自分にあった石鹸などを使用して、余分な皮脂や汚れをきれいに洗い流します。

次に砂糖と同量のオリーブオイルを加えて、手のひらでペースト状になるように混ぜていきます。あとはケアしたいお肌にのせて、そっと伸ばしていきます。

軽くマッサージするようなイメージですが、くれぐれも強く擦り付けないようにします。これは砂糖の粒子が角ばっているため、お肌に傷をつけてしまう可能性があるためです。

保湿したくて傷つけてしまったのでは、意味がなくなってしまいます。あくまで、ソフトタッチを心がけましょう。あとは砂糖を浸透させるためにしばらく待ちましょう。

なるべく長く待つほどに保湿効果が高まるとされていますが、1分程度でも効果が期待できます。あとはぬるま湯でさっと洗い流しましょう。

お砂糖は家庭で使用している上白糖など、オイルは人の皮脂に似ているとされるオリーブオイルかバージンココナツオイルがお勧めです。顔をはじめ、体中の保湿のために活用できます。 保湿クリーム総合ランキングを見る 保湿クリームランキングはこちら>>
保湿力No,1のアヤナスの詳細はこちら