日中の保湿のための化粧下地は塗り方が大切|保湿クリームランキング
保湿クリームランキング

日中の保湿のための化粧下地は塗り方が大切|保湿クリームランキング

化粧下地は保湿効果があっても塗りすぎ注意!日頃から気を付けられる塗り方



化粧下地はベースメイクにおいて欠かすことのできないアイテムです。乾燥肌の人はもちろん、どのようなタイプの肌であっても、なるべく長時間ヨレずに美しいベースメイクづくりをするためには、下地の段階での保湿は重要になってきます。

しかし、保湿効果があるからといって重ねた分だけ保湿力が高まるわけではありません。塗り方にもコツがあり、ただたっぷりと出して塗り広げるだけでは肌への浸透もしませんし、持ちもあまり良くはならないでしょう。ベースメイクはスキンケアの時から既に始まっています。

洗顔をしたあとはしっかりと保湿をしてから下地を使用しましょう。塗り方は人それぞれですが、おすすめしたいのは指を使った塗り方です。下地を塗る際にまず気をつけたいのが塗る量です。保湿効果があるからといって出し過ぎは禁物で、手に100円玉硬貨大ほど出せば十分です。

そして塗り方としてはまず、指先に取ってから両頬、あご、鼻、額の5点に下地を置きます。顔の内側から外側に向かって、指の腹3本程度で優しくスタンプを押すように塗り広げていきましょう。目元は特に皮膚がよく動きヨレやすい部分なので、目まわりを塗る時はより丁寧に行います。

馴染ませる時も強く擦りすぎず優しく塗るのがポイントです。Tゾーンがテカりやすい人は、そのあたりに塗る量は調節すると良いでしょう。乾燥肌の人は、乾燥しやすい頬の辺りに塗る時はさらにしっかりと保湿をするため、丁寧に下地を叩きこむのが大切です。

さらにより美しくベースメイクを仕上げるポイントですが、下地を十分肌に馴染ませ保湿させるために3~5分程度時間を置きましょう。浸透するまでファンデーションを重ねずに待つのです。余分な油分を取るために軽くティッシュオフするのもおすすめです。塗り方を変えるだけで仕上がりはより綺麗になりますし、十分な保湿効果が得られます。 保湿クリーム総合ランキングを見る 保湿クリームランキングはこちら>>
保湿力No,1のアヤナスの詳細はこちら