ドライヤーのかけ方改善でお肌の保湿効果を|保湿クリームランキング
保湿クリームランキング

ドライヤーのかけ方改善でお肌の保湿効果を|保湿クリームランキング

そのドライヤーのかけ方肌を乾燥させてない!?保湿を意識した正しい方法



髪の毛を美しく保つためには、シャンプーをした後は、ドライヤーできちんと濡れた髪を乾かす必要があります。自然乾燥をすると、濡れた頭皮に雑菌が繁殖しやすくなり、フケやかゆみの原因となります。また、濡れた髪は傷みやすいので、洗髪後はなるべく早めにドライヤーをかけることが大切です。

しかし、ドライヤーのかけ過ぎは、髪の保湿力を奪ってしまい、かえってダメージを与えることがあります。いくらシャンプーやトリートメントで髪を保湿するようにしても、乾かし方次第で、髪は傷んでしまうので気をつけましょう。

髪の保湿を保ちながら、きちんと乾かす方法を理解することが、美髪への第一歩となります。美しい髪のために、ドライヤーを正しく使う方法を知りましょう。髪の毛を美しくするためには、しっかりと保湿して、内部に水分と油分を蓄えることが大切です。

そのためには、毎日のシャンプーやトリートメントは欠かせません。さらに、トリートメントなどの栄養分を髪にしっかり閉じ込めて保湿するためには、ドライヤーの使い方が重要なポイントとなります。髪を乾燥させない方法を身につければ、髪の水分が蒸発せずに、しっかりと保湿することができます。

そのためには、まずドライヤーの熱を髪に当てすぎないことが大切です。一カ所に温風を当てるのではなく、頭全体にまんべんなくドライヤーを当てるようにしましょう。

さらに温風と冷風を切り替える方法を使えば、髪が高熱にさらされることもないので、しっかりと保湿しながら乾燥させることができます。また、ドライヤーをかける前には、ブローローションなどを髪につけることも大切です。ローションは髪を熱から保護してくれるので、余分なダメージを与えずに髪を乾かすことができます。 保湿クリーム総合ランキングを見る 保湿クリームランキングはこちら>>
保湿力No,1のアヤナスの詳細はこちら