荒れた唇は歯ブラシでツルツルにしたあと保湿|保湿クリームランキング
保湿クリームランキング

荒れた唇は歯ブラシでツルツルにしたあと保湿|保湿クリームランキング

荒れた唇に歯ブラシ!?まっさら綺麗になったところにリップで保湿が効果的



寒くなってきて乾燥する冬はとくにリップの保湿ケアにも力が入ります。お肌のケアは万全なのに唇だけがガサガサしていたら目立ちますし、せっかくの美しさが半減してしまいます。そこで、今回は自宅でも簡単にできるリップの保湿方法を解説していきます。この方法にはなんと、歯ブラシを使います。

唇のケアに歯ブラシを使うといってもピンと来ない方も多いでしょうが、この方法を行うとガサガサの唇が驚くほどツルツルに生まれ変わるのです。めくれた皮を歯ブラシで取り除き、その後リップで保湿をしっかりやるというとても簡単なものですが効果は抜群です。

お家にあるものでケアできるので、特別な道具も一切いらずお金もほとんど掛かりません。では具体的に用意するものや、やり方について説明していきます。

まずはお湯で濡らしたコットン、乾いた歯ブラシ(使い古しのものでもかまいません)、リップクリーム、食品用のラップ(唇の範囲を覆える程度の大きさにカットしたもの)を用意します。お湯で濡らしたコットンを唇に当てて数分おきます。

これはいらない角質をふやかして取れやすくするために行います。数分経ったらそのコットンで優しく拭き取ります。次に乾いた歯ブラシを使って唇のいらない角質を取り除いていきます。

ほんの軽い力で十分取れますので、絶対にゴシゴシと強くこすることは避けて下さい。次にリップクリームなどの保湿剤をたっぷり塗ってラップで覆って下さい。この時に使う保湿剤はスティックタイプのものよりジェル状やリップバームのような濃厚なものがおすすめです。

時間は10分程度で大丈夫です。時間が経ちましたらラップを取り、唇に残った保湿剤を指でクルクルと馴染ませます。非常に効果はあるのですが、この方法は刺激が強いため頻繁にやると逆効果になります。ガサガサになってどうしようもない時のみ行い、普段からしっかりと保湿することを心がけましょう。 保湿クリーム総合ランキングを見る 保湿クリームランキングはこちら>>
保湿力No,1のアヤナスの詳細はこちら