意外と知らない正しい保湿のための乳液の使用量とは|保湿クリームランキング
保湿クリームランキング

意外と知らない正しい保湿のための乳液の使用量とは|保湿クリームランキング

大量に使えば正しい保湿?使用料を守った正しいケア方法



保湿を考えた時に、重要となるのが、化粧水の後につける乳液の使用量です。つけなければ、その前につけた化粧水が蒸発しやすい状態となりますが、使い過ぎというのも肌のベタつきに繋がるのでお勧めできません。保湿を考えた場合の乳液の最適な使用量の目安は、1円玉から10円玉をイメージした分量です。

肌の状態等によって、丁度良い分量というのは多少前後しますが、この分量を目安につけていく事がお勧めです。肌がべたつくからと、これよりも極端に減らすと、肌が乾燥しやすい状態となります。保湿について考えた時、化粧水を塗った後に乳液を塗れば、それだけで乾燥を防げると考えるのではなく、正しい使用量を意識して塗っていく事も重要になります。

保湿を考えた場合、乳液を塗るタイミングと使用量を考える事がお勧めです。塗るタイミングとしてお勧めなのは、化粧水を塗って1分から2分経過し、肌と化粧水が馴染んだ頃です。すぐに塗らないと、化粧水が蒸発すると考える人は少なくありませんが、実際に蒸発を始めるのは5分程度経過した頃なので、2分程度経過してても、保湿には問題ありません。

2分程度経過するまでに、適量とされる使用量、1円玉から10円玉を手に取り、温めておくと、より塗りやすい状態を作れます。そして、手で温めた乳液を塗っていくのですが、保湿を考えた場合、厚く塗りたいと考える人も居るでしょう。

ですが、まずは適量とされる使用量をしっかり伸ばして塗っていく事がお勧めです。まず顔全体に薄く塗った後、乾燥をしやすいと感じる部位があれば、その部位だけ重ねづけをしていく事がお勧めです。それにより、より効果的な保湿が可能となります。

良い肌の状態を維持したいと考えたら、乳液の使用量を意識する事も大切です。 保湿クリーム総合ランキングを見る 保湿クリームランキングはこちら>>
保湿力No,1のアヤナスの詳細はこちら