お風呂で出来る牛乳を使った保湿テクニックとは|保湿クリームランキング
保湿クリームランキング

お風呂で出来る牛乳を使った保湿テクニックとは|保湿クリームランキング

お風呂でエステ気分!牛乳で保湿効果のある入浴を



入浴剤を代表としてお風呂に入れることで美容効果を高めてくれるものは多くあります。

生姜風呂ではしょうがを入れることで体の芯まで温めてくれる効果があり血流促進に効果が期待できます。

中でも保湿効果が高いことで知られているのが牛乳風呂です。牛乳風呂は牛乳をお風呂に入れるだけで保湿効果が期待でき乾燥しやすい冬などでは最適なお風呂です。

夏なども冷房などにより乾燥が指摘されていますが、冬は部屋だけが乾燥しているわけでなくお肌が乾燥しやすい時期です。お肌にはこの時期の保湿はとても重要です。

特に乾燥肌でお悩みの方は憂鬱な時期でもあるのではないでしょうか。そんな方は、乾燥した空気にさらされた肌を牛乳でいたわってみてはいかがでしょうか。

この牛乳風呂の作り方はとても簡単で、湯船に1リットルの牛乳を入れるだけです。お湯の温度は38℃~40℃程度のお湯が最適で、20分~30分程度浸かることで保湿効果をしっかりと得ることができます。

牛乳が好きな方にはあまり気にならないかもしれませんが、牛乳嫌いの方には臭いが気になるという方もいるかもしれません。

そんな方は、お菓子作りなどで使用するバニラエッセンスなどのようなエッセンスをお風呂の中に入れると臭いを気にすることなくお風呂を楽しむことができます。

このお風呂はクレオパトラも入っていたことでも知られています。昔から保湿だけでなく美容効果も高いことで知られています。

効果としては美肌効果やアンチエイジング、保湿や肌荒れ、快眠効果なども期待できます。寒い冬には一度試してみてはいかがでしょうか。

乾燥によりダメージを受けた肌を保湿効果で元気を取り戻すことができ、温まった体を快眠効果でリラックスして熟睡することができます。 保湿クリーム総合ランキングを見る 保湿クリームランキングはこちら>>
保湿力No,1のアヤナスの詳細はこちら