みかんの皮を使った足湯でぽかぽか簡単保湿を|保湿クリームランキング
保湿クリームランキング

みかんの皮を使った足湯でぽかぽか簡単保湿を|保湿クリームランキング

足の乾燥に残ったみかんの皮で簡単足湯



足の乾燥には、保湿作用のある、残ったみかんの皮で足湯をするという方法も有効です。みかんの皮は、漢方では陳皮と呼ばれ、血の巡りを良くしたり、老廃物を排出したり、整腸作用や風邪予防、健胃作用等の効果があると言われています。

みかんの皮には、保湿効果以外にも様々な効果があります。リモネンという精油成分が含まれており、皮膚の温度を上げることで、血行促進に効果があります。

また、ヘスピリジンという物質は、じんましんやアトピー等のアレルギーに効果があるとされています。皮の香りには、リラックス効果もあります。

保湿効果と血行促進効果があるので、冬にはぴったりといえそうです。しかもみかんは冬によく食べるので、やりやすいでしょう。

保湿に効果があるとされている、みかんの皮の足湯をするにはまず、みかんを食べて、その皮を屋外で1日干します。

カラカラに乾燥させても、お湯に入れたらふやけるのでそのままでもいいやと思うかもしれませんが、椎茸と干し椎茸の栄養価が違うように、みかんの皮も干す作業を怠ってはいけません。

カラカラに乾いたら、布袋などに入れて足湯に浮かべます。だんだんと水分を吸っていき、少し絞れば、ほんのりオレンジ色になりますし、香りも楽しめます。

みかんの皮に保湿効果があると言われているのは、水道水を直接沸かすと、塩素の作用で肌を酸化させてしまうのに対し、皮を入れることで肌の酸化を守るという働きがあることも関係します。

また、保湿には血行を良くしておくことも必要なので、リモネンという精油成分が効果を発揮してくれます。実を使うわけではなく、本来捨ててしまう皮を有効活用できるのですから、効率的です。ぜひみかんの皮の足湯で保湿してみてください。 保湿クリーム総合ランキングを見る 保湿クリームランキングはこちら>>
保湿力No,1のアヤナスの詳細はこちら