美白効果のあるお米のとぎ汁再利用で簡単保湿|保湿クリームランキング
保湿クリームランキング

美白効果のあるお米のとぎ汁再利用で簡単保湿|保湿クリームランキング

美白も保湿も米のとぎ汁で一石二鳥!



通常、捨ててしまうとぎ汁を使えば、簡単かつリーズナブルに美白と保湿のスキンケアができます。米のとぎ汁には、精米の時に除ききれなかった、ぬかが含まれています。

このぬかには、ビタミンB1、ビタミンE、ミネラル、セラミド、フェチン酸などの美容成分が多く含まれているので、肌に塗って皮膚に浸透させると、肌に栄養分を補給させることができます。

おばあちゃんの知恵袋的な教えでしたが、近年では、化学的にその効能が証明されています。特にビタミン類には美白効果が、そして、セラミドは肌の潤いを持続させる保湿効果が高いとされています。

とぎ汁には、香料や保存料などのケミカルな成分が一切含まれていないので、敏感肌の人も、安心して美白と保湿のケアができます。

お米のとぎ汁の、白く濁った成分がぬかです。1合のお米から、約大さじ1杯のぬかが含まれているとされています。

このぬかには、美容成分が凝縮されているので、捨ててしまわず、賢く利用することによって、保湿と美白の効果が期待できます。

使用法には大きく分けて、洗顔のための水、保湿効果が高い化粧水、美白パックの3パターンあります。洗顔の場合は、普通に洗米した時に出た水を洗面器などに取っておき、洗顔せっけんを洗い流すときに使用するのが理想的です。

保湿化粧水の場合は、まず、コットンパフなどにとぎ汁を十分に含ませます。それを、肌を軽く弾くように何度もパッティングします。

やがて、肌がもちもちとしてくるのが実感できます。その後は、潤いを逃さないために、クリームを塗れば保湿は完了です。美白パックのでは、とぎ汁をしばらく置いておくと、薄い白濁色の水と、白い沈殿物に分かれます。

どろりとした沈殿物だけを取り、それをシミやそばかすが気になる部分を重点的に肌に塗り込みます。乾いたら、洗い流し、通常のスキンケアをすれば美白効果抜群です。 保湿クリーム総合ランキングを見る 保湿クリームランキングはこちら>>
保湿力No,1のアヤナスの詳細はこちら